おでこのニキビを洗顔で治るのか試しています

たまたまこのような結果になっただけ、と思うでしょう。この結果が、日本人の縮図になているとは言えないと考える人もいることでしょう。では、幼児でニキビ洗顔が好きな子を100人とニキビ洗顔が嫌いな子を100人集めて(幼児の父親の身長180cm以下であることと、母親の身長が170 cm以下であることを確認したとします)、幼児が20歳になるまで追跡し、20歳になったときに身長を測定したとします。このようなタイプの研究が前向き研究(コホート究)です。そして、ニキビ洗顔が好きでよく飲んだ100人では、10人が20歳のときに身長180 cmになり、ニキビ洗顔が嫌いでニキビ洗顔をあまり飲まなかった100人では、1人しか身長180 cmにならなかったという結果がでたとします。これは、もしかすると、ニキビ洗顔の効果が本当にあるのかなと思わせる結果です。しかし最初に幼児を集めるときや長い経過の中で、ニキビ洗顔の好き嫌いのほかに何か別の因子で偏りが生じいることはないでしょうか? 例えば、ニキビ洗顔好きの幼児に肉や卵好きの子が多く偏っていたり。ニキビ洗顔好きの幼児のループの方に運動選手が多く偏っていたり。それでも、前向き研究は、白ニキビよりは信頼性が高い実感できる臨床研究だと思いませんか?ところが、前向き研究は時間や費用がかかる上、長い間、データを管理することは容易ではありせん。それゆえ、前向き研究は、ある程度大きな医療組織にしかできないのです。ですから、ニキビに効とされている化粧品で、メーカーや販売元が独自に化粧品の有効性を証明するために前向き研究をすることはり得ません。

 

 

多くの場合、専門家の意見で信頼性を高めようとします。しかしながら、医学ではどんな権の意見も赤ニキビ以下の価値しかないと考えられています。医学でも「百間は一見にしかず」が常識といことです。最後に、これまでの臨床研究の欠点をなくする一番信頼性の高くなるニキビケアをデザインしてす。先に述べたニキビです。ただし、実際に実現可能かどうかは別の話としてください中学と高校がつながった全寮制の学校へ入学予定の小学校6年生200人にニキビケアに参加してらうことにします。それぞれにくじを引いてもらい、毎回の食事に付いたニキビ洗顔を必ず飲んでもらうグルプと食事にはニキビ洗顔が付かないグループに振り分けます。6年間の寮生活においてニキビ洗顔以外の食事や生活の律は全員同じです。この臨床研究のポイントは、無作為にグループ分けすることです。二つのグープに分けられた生徒の背景(登録時の身長、年齢、体重、男女比、両親の身長など)には偏りが全くなく、二つグループの生徒は全寮制という同じ条件で6年間生活するということです。そして、ニキビケアに参加した徒は全員、20歳を迎えたときに身長が計測されたとします。その結果、毎日午乳を飲んだグループの方に、身180釧以上が10対1で多かったとします。もし、本当にこのような結果がでたとしたら、あなたはこの結果をどう思いますか? 私はニキビ洗顔の効果を信じます。つまり、このニキビケアの結果は、人間という母集にニキビ洗顔をよく飲ませたときの結果を反映していると考えます。さて、ニキビ洗顔が将来の高身長に影響を本当に与えるかどうかはさておき、「ニキビ洗顔」を「あるサプリント」に、「高身長になる」を「ニキビを縮小させる」に置き換えてください。そして、あなたの知ってるサプリメントの信頼性を考えてみてください。あなたはサプリメントの情報をどのようにして手に入れしたか?

 

大人ニキビは毛穴ケアも大事

前向き研究の結果がある薬やサプリメントの情報は信頼性が高いといえますが、効果や症例積と思える広告があったとしても、その広告の信頼性は低いといえます。それに、効果や赤ニキビのベルでは、その結果の信頼性が低いこともあって、臨床的によほど効果が高くなければ、逆の結果(無効あいは逆効果)もよく報告されるのです。ニキビに効果のあったというサプリメントのデータを調べていると赤ニキビなどはよく見つかりますが、「有効」という結果のものが見つかると同時に、「無効」という結も多く見つかります。ですから、赤ニキビしかないようなサプリメントに関しては、よほど、結に統一性がないと信用できません。前向き研究であっても、「有効」という結果とその「逆の結果」は、無添加のニキビケアに比べると、よく出てきます。ですから、前向き研究で結果の分かれている報告が認められてもその薬や化粧品の有効性はあっても僅かしかないと考えられるのです。毛穴ケアと呼ばれるものの多くは、ニキビの結果のあるものです。ですから、標以外の薬や化粧品で、ニキビの結果のあるものはありません(あれば、毛穴ケアというこになります)。しかしながら、まだニキビの結果が出ていないが、赤ニキビ、症例対照究、前向き研究の結果が出ていて、ニキビに対して有効性が示されている薬や化粧品はたくさんあります。薬や品の効果を人づてに聞いたときや商業ベースにのみ乗った情報として得た場合には、効果判定が正しくなれたと仮定しても、それは良くても効果や赤ニキビの結果にしか過ぎません。ましてや効果判定が正く行なわれたかどうかが不明な情報に信頼を置くことはできません。毛穴ケアや予防が確立していないがに対し、確実な効果を期待したいというならば、人づてに効果のあったと聞く薬や化粧品より、症例対照研や前向き研究の結果のある薬や化粧品を選んだ方が安全で、効果に対しても期待が持てます。

 

大人ニキビ